読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リクルートキャリアNo.1営業マンになる男の日常

岐阜県在住。大学4回生。 就職先はリクルートキャリア。 趣味は、筋トレ。 最近ハマっている事は、ブロッコリーをいかにうまく茹でられるか。 将来BIGになる僕を「父親・母親目線」で見て頂けたら嬉しいです。

株式会社リクルートキャリアで「No.1営業マン」になる男の日常

人はみな表現者

こんばんは、森島です。

 

今日は、「表現」について僕の想う事を書きます。

 

皆さんは、表現と聞くと何を思い浮かばれますか?

 

音楽家、美術家などのアーティストを思い浮かべられる方がほとんどだと思います。

 

僕も以前まではそう思い浮かべていました。

 

しかし、G1Collageというイベントで小泉進次郎さんが話された動画を見て、違う事に気付きました。

 

正直、政治に大きな関心もなければ小泉進次郎さんの事にも関心がありませんでした。

 

しかし、この動画を見て大好きになりました。単純ですいません(笑)

 

33:25の動画ですが、非常に学びになります。

時間がない方は朝早く起きてでもこの動画を見て下さい!(笑)

後悔はさせません。

 

僕のブログ読んで頂いた後に見て頂けたら嬉しいです(笑)

 

www.youtube.com

 

そもそも表現とは

 

そもそも、表現(ひょうげん)とは、自分感情思想意志などをとして残したり、態度言語で示したりすることである。また、ある物体や事柄を別の言葉を用いて言い換えることなども表現という。(Wikipedia参照)

 

僕がこの動画で学んだ事は、タイトルの通り「人はみな表現者」なんだという事です。

 

具体的に言うと、

 

歌手は、伝えたい想いを歌詞に乗せ、(歌詞=ツール)歌います。(歌う=手段)

 

つまり、自分の表現したい世界を作り出す為の手段でしかないという事です。

 

「言葉に体温と体重を乗せること」を常に心がけている

 

小泉さんはお話の中でこう仰っていました。

 

これは「衆議院議員」である小泉さんが、「言葉」というツールを使っているからこそ出てきた言葉だと思います。

 

言葉は体験から生まれる。その体験は骨が記憶しているくらいの体験をしてほしい。

 

こちらも話を聞いてくれない強烈な原体験があったからこそ出てきた言葉だと思います。

 

要するに、

 

表現する為には、誰に何を伝えたいのかを明確にし、純度を高める為に強烈な原体験が必要不可欠である。

 

こう結論づける事が出来るのではないかと思います。

 

誰に何を伝えたいのかによって、ツールや手段は異なります。

自分の適性も考えるべきです。五感のどれを刺激すべきかの精査も必要です。

 

しかし、共通している事がたった1つだけあります。

 

それは、

 

純度を高めるためには多くの時間と努力が必要なこと。 

 

これに尽きると思います。

 

これを人生かけて突き詰めていく事が、後悔のない人生を過ごす事に繋がるのではないでしょうか。

 

じゃあ僕は誰に何を表現したいの?

 

一言でいうと、「みんなが幸せな状態」が僕の表現したい世界です。

 

「人の可能性を最大化させることが出来る環境を提供し続けること」が、

 

僕の人生のミッションです。

(定義やニュアンスはこれから先変わっていくと思いますが、方向性は変わらないと思います。)

 

・「学校」を建て、「教育」という観点から幸せにする。

・「キャリアコンサルタント」になって、「仕事」という観点から幸せにする。

・「トレーナー」になって、「筋肉」という観点から幸せにする(笑)

 

など、手段は色々考えています。(食事・睡眠・恋愛なども考えています)

 

幸せの定義は人それぞれなのでその人ごとの幸せを汲み取り、

 

可能性を最大化させてあげられる事のできる環境を提供できたら、

 

僕の表現することができると思います。

 

本当に多くの時間がかかり、死ぬほど努力しないと表現できない世界ではありますが、

 

止まることなく、走り続けていきます!!!