読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リクルートキャリアNo.1営業マンになる男の日常

岐阜県在住。大学4回生。 就職先はリクルートキャリア。 趣味は、筋トレ。 最近ハマっている事は、ブロッコリーをいかにうまく茹でられるか。 将来BIGになる僕を「父親・母親目線」で見て頂けたら嬉しいです。

株式会社リクルートキャリアで「No.1営業マン」になる男の日常

コミュニケーションする為の2つの方法

こんばんは、森島です。

 

ブログを始めてから、

 

文章力って、コミュニケーション力の中に含まれている要素の1つなんだなと思うようになりました。

 

これまでは対人スキルがコミュニケーションにおける必要な要素の大部分を占めていると思っていましたし、だからこそ磨いてきました。

 

人の懐に入り込む上手さはなかなかだと自負しています!

 

ですが、どうやらそんな事もないなと感じています。

 

コミュニケーションする為の2つの方法

 

・「直接的」なコミュニケーション

・「間接的」なコミュニケーション

 

この2つの方法に分けられます。

 

「直接的な」コミュニケーションは、会って話すことですよね。

 

メリットは、互いの熱量を感じながらコミュニケーションが取れる点。

デメリットは、立場によっては言いたい事が言いづらくなる点。

 

「間接的」なコミュニケーションは、会わずに話すことですよね。

 

SNSも間接的なコミュニケーションにはなりますが、今回は匿名性の高いツールを選択したいので、ブログにします。

 

というか、Skypeってどっちに分類されるんだろう。。。(要素分けが甘いです。。。)

 

こちらのメリットは、バイアスをかけずに情報を発信することができる点。

デメリットは、伝わりづらい点(笑)

 

プロフィールに経歴や実績を書くとバイアスかかってしまうので、今回はなしという前提でお願いします(笑)

 

あと、僕にとってのデメリットなので悪しからず。。。

 

直接的なコミュニケーションのレベルを上げる為には

 

これには2つの方法があります。

 

1.とにかく人に会う、話す。対面だと尚良し。

2.目的を持つ。自分が与えられた価値を内省する。

 

とにかく話さないと始まらないです。

 

会話することで、どういう言い回しをしたら意図している事が相手に伝わるかが感覚的に分かってきます。

 

大人数で話すと会話ではなく雑談になってしまう確率が高くなるので、得られる経験値が少なくなります。

なので、対面で話すことをお勧めします。

 

間接的なコミュニケーションのレベルを上げる為には

 

これにも2つの方法があります。

 

・コンテンツの質を高める。

・文章力を上げる。

 

コンテンツの質は、ターゲットの選定とネタの選定によって変動します。

 

誰に記事を届けたいのか、どういう記事を書くと喜ばれるか。

 

1番大切なのは、なぜ届けたいのか、喜ばれたいのかを考える事です。

 

それを考える事で、質は間違いなく向上します。

僕に全く足りていない所です。。。

 

文章力は、フィードバックをしてもらえるか、継続的に書いているかどうかで決まります。

 

自分では良い文章が書けたと思っていても、余分な文章や変な言い回しがあったり、そもそも日本語がおかしかったりします。

 

それを他者に指摘してもらう事で改善できます。

 

あとは、やはり継続して書かなければ当たり前に向上しないですよね。

 

野球でいうところの素振りと同じです。

 

人に考えを伝えるプロセス

 

・直接的

言語化→口に出す+想いを込める

 

・間接的

構成を考える→言語化+想いを込める

 

どちらも全てのプロセスの精度が高くなればなるほど、自分の思った事を相手にそのまま伝えることが出来ます。

 

直接的なコミュニケーションスキルにステータスを振りすぎて、

間接的なコミュニケーションスキルは小学生レベルです(笑)

 

自分のスキルのなさに嘆くとともに、継続して記事を更新しなければならないと思いました。

 

どうやらコンテンツを考えるのが苦手なので、そこを楽しめるように日々アンテナを張っていこうと思います!